top of page

「信者の人権を守る二世の会」の皆様へ

更新日:2023年9月11日

(2023.9.11 誤字脱字を修正しました)

「信者の人権を守る二世の会」(以下 '二世の会' )シンポジウムを受け、離教2世の一人としてメッセージを発出したいと思い立ちました。


二世の会メンバーへ向けた'応答'ではありますが、離教・現役を問わず全ての家庭連合(旧統一教会)2世への呼びかけでもあります。もちろん2世以外の当事者、そして私たちに関わる全ての方にも、ぜひ読んでほしい内容です。


とても長文になりました。頭に"▼"のついた折り畳み部分は読み飛ばしても伝わるよう構成したつもりです。

 

はじめに


二世の会の皆様

このような形で唐突にメッセージをお送りする無礼を、どうかお許しください。

そして何より、この状況下で実名・顔出しで声を上げている皆様に対し、当事者の一人として心から敬意を表します。


自己紹介


まず、私自身の思いや考えを綴りました。

私自身について

家庭連合(旧統一教会)に対するスタンス

発信の動機

'二世の会'シンポジウムを拝見して


これまでのシンポジウムを拝見した感想を綴りました。

現役2世の率直な気持ち

まず、これだけの短期間に、この規模のシンポジウムを3回も開催されていることは、率直に驚いています。もちろん、皆様と思いを等しくする信者や有識者の方々のお力添えあってのことと思いますが、それにしても運営の方のご苦労は、並々ならぬものであっただろうと感じております。

シンポジウムの内容としては、有識者のご発言以上に、現役2世達が何を感じ、どんなことを発言されるのかに、私は注目して拝見していました。


それぞれが親御さんや教団との関係もあり、慎重な表現にならざるを得ない部分もあったと思うが、それでも率直で真摯な思いを感じられる発言が、いくつもあったと思います。

教団の対応に関して



2世当事者を取り巻く問題


同じ家庭連合(旧統一教会)2世内でも、世代によって教会で見てきた風景や経験した事は大きく異なります。比較的古株にあたる私も、現役の方のSNS投稿などを拝見する限り、昔とは変わった部分も随分あるんだろうだなあと感じています。


当然ながら、教会がよくなっていくこと自体には何の問題もありません。

しかし教団が発展する過程で「貴い犠牲」が数多く生み出され、そのことで傷ついた離教者・2世が多数いることも、また事実です。


そういった、あらゆる面で犠牲になってきた信者に対して、教団はどんな取り組みを行ってきたのでしょうか。また、それによってどんな結果があったのでしょうか。

2世内の世代間ギャップ

第3回(2023.7.30)の中で代表の方が分析された通り、家庭連合(旧統一教会)の当事者2世内でも、世代によって教会との関係性にはギャップがあります(もちろん一人ひとりの状況により個人差があります) 。


離教側に多い30代以上の2世が経験した'統一教会'は、一般社会との関係も決して良好とはいえず、アボジ(教祖・文鮮明氏)直々に下される激しい'摂理'(教団活動)の中、波乱に満ちた生活を余儀なくされる信者や2世が大多数でした。


一方、現在20代の2世は、コンプライアンス宣言(2009年)以降、教団の活動が少し緩くなってから成人を迎えた世代。


第2次安倍政権と足並みを揃えるように政治(特に自民党)との関係性を重視し、また多数の '友好団体' を通じて様々な社会活動を展開することで、日本社会の中に溶け込んできました。


二世の会をはじめ現役信者2世の皆様は、自身の教会に誇りを持ち、幸せで充実した信仰生活を送っておられる方も少なくないのかなと拝察しています。

教団の信者に対する態度

世論が驚愕した「家庭連合2世」の実態



'二世の会'第1回シンポジウム質疑応答の場において、代表の方が「宗教の役割として、傷ついた人を出してはいけない」という趣旨の発言をされましたが、私はこれに大変感動し、そのお考えに心底同意します。


しかし、現在の家庭連合の姿はどうでしょうか。 そこに真摯に向き合おうというような態度には、私には到底思えません。


最近リニューアルした家庭連合ホームページのトップに「幸せな未来へ/家庭連合は/変わり続けます」と表記されています。(教団公式HP


過去に蓋をしたまま「幸せな未来へ」「変わり続け」ることが、至高の公益性が求められる宗教団体の取る態度なのでしょうか



2世当事者の「被害」


もちろん、これを二世の会の皆様にぶつけるのは筋違いです。なぜなら過去の教団活動によって被害を受けているのは、離教2世だけでなく現役2世も全く同じなのですから


皆様が「宗教迫害」「過熱報道」と感じられるほど非難され白眼視される原因は、私たち2世ががほとんど知らない、過去の教団の活動や実態にあると言わざるを得ません。


よく「離教2世達の背後で『左翼』『共産党』が手を引いている」等の言説も耳にしますが、それは二世の会の皆様が「教団の指示で動いている」と'邪推'されることと、逆の立場で全く同じであるとは考えられませんでしょうか。


立場が違うだけで、離教2世が声を上げることも、現役2世が声を上げることも、その気持ちや切実さにおいては、全く同じものがあるのではないでしょうか。



当事者2世同士で対話の機会を


だから、2世同士が離教・現役と分かれて対立するのは、本来はおかしいことです。


昨今議論になっている「霊感商法」「拉致監禁」の問題は、どちらも主に1世の親世代における事件であり、どちらも直接的には関係していない2世がほとんどのはずです。

これらの問題は別途考える必要がありますが、2世は2世として、共通の課題や問題について、当事者同士で話し合ってみることも、悪くない話ではないでしょうか。


先に述べたように、世代間ギャップや考え方に違いがあるのは当然です。

お互いにそれを認めたうえで、まず率直に、何を思い、感じ、辛いのかを語り合ってみることも、決して無駄にはならないでしょう。



教団に対して声を上げる


そして、当事者2世が声を上げる先は、世論でも保守層でもありません。


ほかならぬ教団、それも韓国本部、そして韓総裁です。


ここで、二世の会Youtubeチャンネルにアップされた対談映像(2023.7.12)の末尾にテロップで流れたメッセージを、全文で引用させていただきます。

私たちは日本を愛する精神を 家庭連合から学びました。 愛国者として誇りを持っています。 だからこそ 「反日」と言われることには 耐えられません。 間違っていた認識があれば 真摯に反省し これからの「行動」で 本物の愛国団体であることを 示して欲しいです。

こちらのメッセージは、どこに向けて発せられたものでしょうか。


他でもない、家庭連合の教団へ向けて放たれた「声」のように、私には感じられました。


もしそうであるのなら、「信者の人権を守る二世の会」として、こうした思いと具体的な対応を求める声を、教団に向けて正式に表明されても良いのではないでしょうか。


もちろん、現役の立場で教団や「お母様」(韓鶴子総裁)に対して物申すなど、信仰的に考えても決してあり得ない行動。「左翼的思考」等と断罪されてしまうかもしれません。しかし、そここそ有識者の先生方の知恵とお力を借りるべきところ。

会の目的である信者の人権を守るべく、思い切って大胆に取り組まれるのは、いかがでしょうか。


韓鶴子総裁が本当に2世を愛して下さるのなら、そうして発せられた2世の切実な訴えに、真摯に耳を傾けて下さるでしょう。



おわりに


たいへん長くなってしまいましたが、現役2世の方々が上げた声に接し、離教2世の一個人の応答として、思うところを綴りました。


今後、私が再び家庭連合の信仰を持つ可能性は'0%'です。でも、幼少期から身を置いていた家庭連合(統一教会)教団に対し、関心がなくなったわけではないのです。

むしろ7.8事件を機に、よりそこに向き合って行かざるを得なくなったと思っています。


一個人である私に出来ることは非常に限られているものの、私自身の考えと責任において、賛同できる内容であれば、協力させていただきたいと思っています。


閲覧数:2,316回

最新記事

すべて表示

カルト関連動画

カルトに関連する動画リンクを適当に貼るので、見たい方や、Free Wi-Fi拾えた上になんか暇だわーって方がいらっしゃいましたら、是非見ていってください。英語動画には日本語字幕が付いています。 なぜ人はカルトにはまるのか? — ヤンヤ・ラリッチ https://youtu.be/kB-dJaCXAxA?si=BXKY7AGvfQZWVwg_ 迷信はどこから来たのか? — スチュアート・ヴァイス h

非信者はどのように思考しているのか?③(情報活用)

得た情報を整理し利用する 得た情報は使ってこそ真価を発揮します。 そのために知っておくと後々役に立つかも知れない事柄以下に記します。 ①使って覚える ②情報を整理する ③情報を集団で共有し利用する 数字を割り振りましたが、各個人や時と場合によって、どういった順に、どのように利用するかは変わるでしょう。 ①使って覚える 脳に記憶を定着させるには、「思い出す」「使ってみる」と効果があるそうです。 最高

非信者はどのように思考しているのか?②(生涯学習)

情報弱者から脱する 考え方を学んだ後は、様々な情報に触れてみましょう。 考え方を学んでいるので、視点を変えてみるとどうか、情報のどこが正しいのか、どこが引っかかるのか、他の情報と比較し矛盾点はないか、など明確にできるようになったと思います。 また情報源の特性も抑え、様々な情報源を利用し、多角的な視点から考えてみましょう。 考え方を学んでいないと膨大な情報を整理して考えられず、迷子になるか、極端な思

Comments


bottom of page