top of page

親の高額献金で悩んでいる二世へのアドバイス

私は旧 統一教会(現 家庭連合)の祝福二世です。

親は現役の信者ですが、私自身に信仰はありません。

いまは親と離れて暮らしていますが、親の老後に使われるべきお金を献金としてかき集める教会のやり方に納得ができず、少しでも献金を食い止めたいと考えています。


そのことについて霊感商法等対応ダイヤルに相談したところ日弁連の弁護士さんを紹介して頂き、そこで今後の献金を防止する方法を二つ教えてもらいましたので、その情報を共有いたします。


①成年後見人になって親の財産管理をする方法。ただし、親のお金の使い道に制限をかけるので親とは完全に対立してしまう。


②親の所属している教会に献金の返還について問い合わせる。献金を快く思っていない家族がいる事を教会に認知させて、今後の高額献金要求を躊躇させる。


私は親と完全に仲違いしたくはないので①の実行は難しいですが、②だけでもやっておこうと考えています。

(各教会の電話番号は家庭連合のHPに記載してます)

教会にこちらの姿勢を見せるだけでも牽制になりますし、何もしないよりやってた方が絶対いいと弁護士さんにも力説されました。

将来トラブルを引き起こしかねない家族が周りにいると教会に判断されれば、一定の予防効果が得られるのではないかと個人的に期待しています。


親の献金で悩んでいる同じ境遇の二世の助けになればと思い、ここに情報提供いたしました。

少しでも誰かの役に立てれば幸いです。

閲覧数:437回

最新記事

すべて表示

宗教二世という言葉を知ったのは数年前。 今、50代です。 大慈会という宗教団体を脱退したのは30年以上前になります。 私は宗教三世です。 青年部という場所に中学生の頃から入らされていました。 まともに反抗期もないような子で、どんなことも逆らうことをしませんでしたが、その頃から少しずつ会に携わる人たちの言動や行動に対して疑問は増えていったと思います。 高校生の時に勧誘活動をさせられるようになり、自分

bottom of page