top of page

親の高額献金で悩んでいる二世へのアドバイス

私は旧 統一教会(現 家庭連合)の祝福二世です。

親は現役の信者ですが、私自身に信仰はありません。

いまは親と離れて暮らしていますが、親の老後に使われるべきお金を献金としてかき集める教会のやり方に納得ができず、少しでも献金を食い止めたいと考えています。


そのことについて霊感商法等対応ダイヤルに相談したところ日弁連の弁護士さんを紹介して頂き、そこで今後の献金を防止する方法を二つ教えてもらいましたので、その情報を共有いたします。


①成年後見人になって親の財産管理をする方法。ただし、親のお金の使い道に制限をかけるので親とは完全に対立してしまう。


②親の所属している教会に献金の返還について問い合わせる。献金を快く思っていない家族がいる事を教会に認知させて、今後の高額献金要求を躊躇させる。


私は親と完全に仲違いしたくはないので①の実行は難しいですが、②だけでもやっておこうと考えています。

(各教会の電話番号は家庭連合のHPに記載してます)

教会にこちらの姿勢を見せるだけでも牽制になりますし、何もしないよりやってた方が絶対いいと弁護士さんにも力説されました。

将来トラブルを引き起こしかねない家族が周りにいると教会に判断されれば、一定の予防効果が得られるのではないかと個人的に期待しています。


親の献金で悩んでいる同じ境遇の二世の助けになればと思い、ここに情報提供いたしました。

少しでも誰かの役に立てれば幸いです。

閲覧数:615回0件のコメント

最新記事

すべて表示

カルト関連動画

カルトに関連する動画リンクを適当に貼るので、見たい方や、Free Wi-Fi拾えた上になんか暇だわーって方がいらっしゃいましたら、是非見ていってください。英語動画には日本語字幕が付いています。 なぜ人はカルトにはまるのか? — ヤンヤ・ラリッチ https://youtu.be/kB-dJaCXAxA?si=BXKY7AGvfQZWVwg_ 迷信はどこから来たのか? — スチュアート・ヴァイス h

非信者はどのように思考しているのか?③(情報活用)

得た情報を整理し利用する 得た情報は使ってこそ真価を発揮します。 そのために知っておくと後々役に立つかも知れない事柄以下に記します。 ①使って覚える ②情報を整理する ③情報を集団で共有し利用する 数字を割り振りましたが、各個人や時と場合によって、どういった順に、どのように利用するかは変わるでしょう。 ①使って覚える 脳に記憶を定着させるには、「思い出す」「使ってみる」と効果があるそうです。 最高

非信者はどのように思考しているのか?②(生涯学習)

情報弱者から脱する 考え方を学んだ後は、様々な情報に触れてみましょう。 考え方を学んでいるので、視点を変えてみるとどうか、情報のどこが正しいのか、どこが引っかかるのか、他の情報と比較し矛盾点はないか、など明確にできるようになったと思います。 また情報源の特性も抑え、様々な情報源を利用し、多角的な視点から考えてみましょう。 考え方を学んでいないと膨大な情報を整理して考えられず、迷子になるか、極端な思

Comments


bottom of page