top of page

自分の気持ちと、周りのジャッジを区別する。



私は、脱会済みの創価学会の二世です。


宗教を続けたくない気持ちと、親への気持ちの間で悩んでいる二世の方に、届けという思いを込めて、


親へ愛情や感謝というテーマで書かせていただきます


結論から申し上げますと……

二世で悩み苦しんでいるあなたには、

人を愛する力も、感謝する力も、

ちゃんとあるんです!


活動から離れ始めてから、親や組織の人たちから「感謝を忘れている」とか「恩知らず」とか、言われたかもしれませんが、(私は言われました)


もしくは、これから離れる方は、言われるかもしれません。

先に想像して、自分を責めてる方もいるかもしれません。


「宗教活動をしない=感謝を忘れている」という解釈は押し付けであり、

組織の側のコントロールです。


あなたの愛情を、向こうで勝手にジャッジしているだけです

どうか、自分の気持ちに自信を持ってください

気持ちが通じない人たちに、あなたの思いを無理して証明する必要はないのです。

相手に認められるために、無理をする必要も、本当はありません。


私は以前、人から親切にされると怖い、感謝できないというテーマでカウンセリングを受けました。

実際には、感謝ができていないのではなく、

自分が、活動から離れ始めた時に、親や宗教の人たちに、「恩知らず」「感謝を忘れている」と攻撃されていたことがトラウマになり、人の親切を受け取ると、相手が満足するまで感謝を証明しないといけないような、重苦しい気持ちになっていたことが分かりました。

気持ちを整理して、それは組織の人たちとの関係の中で、感謝とはそんなものだと思い込んでしまっていただけで、相手の解釈がどうであれ、自分が感謝してないわけではなかったのだと、腑に落ちました。


思い返してみれば、そうなんです。子供のころから、自分の家が他所の家とは違うことも、受け入れていたのは、親から叱られることや、ごはんを与えられないのが怖かっただけではなく、子どもとして親が好きだったこと、生んでくれたことや育ててくれたことへ有難く思う気持ちもあったからです。

心が揺れている二世の方は、どうかその親への献身的な愛情を、自分自身にもっと向けられますように。

もう一度言いますが、愛情や感謝は本来、証明するものではありません。

気持ちは心にあり、感じるものです。

人や、人がしてくれたことを思い浮かべた時に、心が温かくなるのが本来の感謝や愛情です。

今まではたまたま、子供のころから、周りが求める形で愛情や感謝を示すのが、当たり前になっていただけなのです。


気持ちがあっても、やりたくないことはやらなくていいし、やりたくない気持ちがあることを尊重して良いのです。


気持ちを自由に持つことを許可すれば、あなたの心は自由になっていきます。


あなたは、あなたの気持ちの一番の理解者になってください。


少しずつ、前に進んで行かれますように。

まとめ
気持ちを自由に持つことを許可する。

・親に愛情があっても、嫌なことは嫌という気持ちを持っていていい。

・愛情や感謝は、あるのを認めて良いし、周りに証明しなくていい。

・周囲があなたのことを決めつけても、受け入れなくていい。

・自分の一番の理解者になる。


みつ

閲覧数:1,163回0件のコメント

最新記事

すべて表示

カルト関連動画

カルトに関連する動画リンクを適当に貼るので、見たい方や、Free Wi-Fi拾えた上になんか暇だわーって方がいらっしゃいましたら、是非見ていってください。英語動画には日本語字幕が付いています。 なぜ人はカルトにはまるのか? — ヤンヤ・ラリッチ https://youtu.be/kB-dJaCXAxA?si=BXKY7AGvfQZWVwg_ 迷信はどこから来たのか? — スチュアート・ヴァイス h

非信者はどのように思考しているのか?③(情報活用)

得た情報を整理し利用する 得た情報は使ってこそ真価を発揮します。 そのために知っておくと後々役に立つかも知れない事柄以下に記します。 ①使って覚える ②情報を整理する ③情報を集団で共有し利用する 数字を割り振りましたが、各個人や時と場合によって、どういった順に、どのように利用するかは変わるでしょう。 ①使って覚える 脳に記憶を定着させるには、「思い出す」「使ってみる」と効果があるそうです。 最高

非信者はどのように思考しているのか?②(生涯学習)

情報弱者から脱する 考え方を学んだ後は、様々な情報に触れてみましょう。 考え方を学んでいるので、視点を変えてみるとどうか、情報のどこが正しいのか、どこが引っかかるのか、他の情報と比較し矛盾点はないか、など明確にできるようになったと思います。 また情報源の特性も抑え、様々な情報源を利用し、多角的な視点から考えてみましょう。 考え方を学んでいないと膨大な情報を整理して考えられず、迷子になるか、極端な思

Comments


bottom of page