統一教会の一日 その4

最終更新: 2020年5月13日




ひとは、存在感を消そうとする時、目線を少し下に落とし、無表情になる。僕もその両方をしていた。


つまり、あからさまに「存在感を消そうとしてるオーラ」が漂っており、言わば、「存在感を消そうとしているという存在感」が、体から、ギンギラギンに放出されていたのである。

目線のさきには、錆びたパイプ椅子があった。


選ばないでくれ。僕は心のなかで祈った。代表祈祷をしたくないと祈ったのである。意味がわからない。



そして選ばれた。



落ち着いた声が、僕のフルネームを呼んだ。進行役のヒョンもいじわるだ。

優しい顔した鬼だ。あらためて見るとこいつ、目の奥が笑ってない気がしなくもない

そして、ゆっくりと席を立ち、講壇につく。一面に広がっいる芋畑を見ながら、かるく息を吸う。



「お祈りします。」目を瞑った。芋達も目を瞑る。「天のお父様、真の御父母様…」



お祈りでは、おもにjr.選抜のことを話した。愛する兄弟姉妹が頑張っているとか、神様の御旨には届かない私達でありますが等の、ありきたりな言葉を、口から出任せでしゃべる。


心にも想ってないことを、その場しのぎのように。実家に住んでいる、学生のうちはしょうがないと、頭では納得していても、やはり虚しい気分になってくる。どこかの違う生活が恋しくなるのだ。


「この祈りを、祝福中心家庭○○の息子、△△によってご報告いたします。アージュ。」お祈りを終えると、周りも次いで言った。「アージュ。」


そそくさと席に戻ると、個人祈祷が始まって、周りが一声に喋りだした。声の大きいもの、小さいもの。この中には、僕のように、信仰のない人も居るのだろうか。ふと、そんなことを思う。


もし居たとしたら、どうにか話してみたい気もするが、万一のことを考えると、そんな気もすぐ失せてしまった。


個人祈祷が終わっても、僕の気持ちは虚しいままだった。成和部長が何か話しているが、何もかもがモノクロで、音がなく、まるで昔のサイレント映画を見ているような、そんな気がした。


そして僕は、礼拝が終わると、エレベーターも使わず、人気の少ない階段から、一目散に降りていくのであった。


(完)


外部リンク hatena blog 『天の父母様教団』



炭酸水




244回の閲覧

最新記事

すべて表示