私の中のジレンマ―7月8日の事件を受けて、考えた事

更新日:7月14日

 ※本記事は7月8日に発生した元首相殺害事件に関するものです。また、筆者は「宗教二世」の当事者ではありますが、本事件の容疑者が関連を自供している某宗教団体とはまた違う宗教にルーツを持ち、そのため今回の事件とは一切関係がない立場より本記事を作成しております。なので、一部の読者によっては不快に思われる記述もあるかもしれません。その点ご留意の上お読みいただければ幸いです。

また、本記事では保護者等による副次的な影響によりその宗教を信仰する環境にあった者を指して「宗教二世」としています。

 尚、本記事では一部を除き、事件に関連する個人名や団体名等にはイニシャルを付与しております。参照した箇所には脚注でURLを貼り付けておりますので、ご参考にして頂ければと思います。


※7月14日追記 本記事は7月11日頃までにかけて筆者が得られた情報に基づいて書かれています。そのため、それ以後に発覚した情報等についてはフォローできていない箇所が生じる可能性もありますので、その点ご容赦ください。



 こんにちは。初めて記事を投稿させていただきます、シャーと申します。




 まずは今回の事件に関し、犠牲者の方に心よりお悔やみを申し上げます。



 2022年7月8日、11:30頃、奈良県で元首相であるA氏が、明後日に迫った参院選投開票に備え、応援演説を行っている最中に銃撃され、その後17時すぎに死亡が確認された*1。

 Y容疑者は事件発生後すぐに取り押さえられた。その犯行動機に様々な憶測が流れる中、その犯行理由として語られたのが、宗教団体への恨みであった*2。


 Y容疑者は、母親が某宗教団体の信者で、その多額な寄付により破産してしまったことから、教団に恨みを持っていたことを語っており、A元首相を狙った動機としては、A元首相が某宗教団体と関係があるという本人の認識が関係している事を自供しています*3。

 こうした報道がなされた後、やはり宗教団体の名前を知るためにネットが大炎上したわけですが、宗教二世のルーツを持つ方々にとっても、様々な感情により受け止められたように思います。中には、Y容疑者の境遇には理解を示したいという声や、これを機会に宗教二世の境遇に関する議論が進んでほしいと期待を寄せるような声も

、SNS等を見ていると挙がっています。


 私はただ、いえホントに……恐ろしい事が起きたなと、思いました。自供されている内容が真実であるとして、今回の事件に関して、原因の原因となった背景に某宗教団体が関わっているとしても、憎悪からその団体を標的として関係する(と噂される)人物を攻


撃するという手段は、ヘイトクライムのそれと同じであるからです。ヘイトクライムは特定のグループに対する憎悪からの攻撃ですが、『差別』であっても、“無差別的”な攻撃も含まれます。


憎悪を向けているあるグループに属している(と思い込んでいる)人であれば誰でもいい、という意味での“無差別”攻撃なのです。今回の事件では、犯行前に憎悪の矛先である某宗教団体の関連施設を狙い試し打ちを行ったという供述もされています。



 また、週刊誌サイトの記事などで、某宗教団体の実名が挙げられたり、SNSやインフルエンサー等によって様々な意見が飛び交う中、「某宗教団体」がA元首相殺害事件の直接の原因であるかのような言論が広がるなか、私が恐れているのは、この事件に対する「バックラッシュ」の発生です。


 「バックラッシュ」とは、社会学的には社会的なある流れ(LGBT等の人権活動等etc)に対する揺り戻し反応の事を指すこと*4が多いのですが、本記事では「バックラッシュ」について、「事件に対する反動」として使用しています。要は復讐としてのヘイトクライムの事です。例えばアメリカで同時多発テロ事件が発生した後、イスラム教徒や中東系に見える人々が危害を加えられる事件が多発しました*5。


 また、イギリスのエセックス州で2021年10月に議員が有権者たちとの面会の場で、イスラム過激思想を持つ青年に刺殺される事件が発生しました*6 *7。イギリスでは元々イスラム教徒に対するヘイトクライムが社会問題化しております*8 *9。実際のところ、データの不足により、上記の事件に伴いイギリスのヘイトクライムの状況に影響が出たのかどうか、まだはっきりしたところはわかりません。しかしながら、議員の殺害の犯人がソマリア系のイスラム教徒であった事から、その出自や宗教に関わる方々の不安は推しはかる事の出来ないものです*10。

 今回の事件に関連して、某宗教団体(あるいはY容疑者が属している団体)に関わる(あるいは関わっていると噂される)人に対するヘイトが急速に高まれば、その結果として差別的に“無差別に”バックラッシュが発生するのではないか。


 私は……正直に申し上げますと、こうした点を発信することにジレンマを感じているのです。今回槍玉にあげられている某宗教団体に関する批判や問題についても過去に多く耳にしてきました。今回の件を受けて、団体側も透明化を図り、指摘されているような問題点や、二世達が抱えている葛藤の原因に関して、改善が図られていけば、いいのですが……。世間的に、団体側を一方的に批判する意見が主流の中で、一見団体側を擁護するような記事は、不適切なのかもわかりません。


 しかしながら、如何なる背景があろうと、特定の人達に危害が及ぶ土壌を耕す流れがあるならば、私はそれに対し断固として反対しなければなりません。上述したことにも関連して、ヘイトクライムを行う側の人間は、差別的であっても“無差別”なのです。とりあえず適当に団体の一部を切り取って見てもそこには、熱心な人から不活発な人まで、各人それぞれに葛藤や人生観をもって、中にはやはり宗教二世として生活している人もいるわけです。でも、危害を加えようという人にとっては、中の人の事情等はどうでも良いわけです。



 私は、「カルト」という蔑称と共に某宗教団体に対するヘイトが社会的に、急速に高まっている事に危惧を覚えます。当該宗教の二世達にとって、今回の騒動が、自己のアイデンティティを構築する際の障害になるのではないか、社会からの隔離を強めるのではないだろうか、自己表現の場を奪われる事につながるのではないだろうか。「宗教二世問題」というトピックに対する議論が多少進展する事があっても、その代償として社会との摩擦によって、深い心の傷を負う事になる人達が、たくさん出てくるのではないか。また、宗教に対する個人としての考えが、一般社会の中で尊重されなくなるのではないか。とても不安に感じています。




 もし万が一、今後某団体に拘わらず、一般的に「カルト」と呼ばれる事が多い宗教団体を標的とした憎悪犯罪が発生した時、「あそこは『カルト』だから、狙われても仕方がないよね」というような形で処理されるようにはならない事をのぞみます。

 例えば私がルーツを持つ宗教や出自に対して恨みを持つ方が、無差別に私の友人や、家族に危害を加えて、それでも「まあ、仕方がないよね」と処理されるようになったら…そう考えたら、とても恐ろしく感じたのです。私は、私のルーツの宗教においてその道に進まなかった者なのですが、そんな私が仮に犠牲となっても、世間からは「仕方がない、犯人に理解を」と処理されるのかもしれません。

 これまで私なりに、「ヘイトクライム」や「ヘイトスピーチ」について勉強してきたつもりでした。コロナが話題になり始めたヨルダンで、アジア人差別の言動を受けた事もあり、どこか知ったつもりになっていました。しかしながら今回の件をきっかけに、改めてヘイトの恐ろしさを実感したのです。


 イギリスのムスリムの政治家であるサイーダ・ワルシ氏は、「イスラムフォビアを行い非難される事は“キャリアアップ”だが、イスラムフォビアの犠牲となる事は、“キャリア破壊”だ」と述べました。これは、彼女から見たイギリスの政治的組織上の、あるいはイギリス社会全体の問題点を表しているという事なのかもしれません*11 *12。これは、言葉を置き換えれば、もしかしたら、今後の日本社会における宗教二世が立ち向かわないといけない命題になってくるかもしれません。



 私はただ、今のところは、日本中で巻き起こっている論争をただ眺めている事しかできません。力不足なのです。ただただ、私が手の届く範囲において平穏な日々が続いていく事を願い続けているだけです。渦中にある方々も、今は出来るだけゆっくり休んでください。無理はせずに、でも辛くなったら信頼出来る方に相談してくださいね。







脚注(サイトは全て2022年7月12日時点閲覧可能)


*1 https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-62103589

*2 https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/92187?display=1

*3 https://news.yahoo.co.jp/articles/229f89fdde611b2213fa6dcffa3ab28d49450706

*4 https://www.weblio.jp/content/%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5+%28%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E5%AD%A6%29

*5 https://www.arabnews.jp/article/opinion/article_49671/

*6 https://www.bbc.com/japanese/58935397

*7 https://www.bbc.com/news/uk-england-essex-61026210

*8 https://www.statista.com/statistics/623880/islamophobic-hate-crimes-england-and-wales/

*9 https://www.aa.com.tr/en/europe/report-finds-muslim-communities-among-most-discriminated-against-in-uk/2484172

*10 https://www.theguardian.com/uk-news/2021/oct/17/muslim-group-to-issue-hate-support-after-killing-of-david-amess

*11

https://www.theguardian.com/commentisfree/2022/jan/27/islamophobia-tory-british-society-media-anti-muslim-racism

*12

https://www.theguardian.com/politics/2022/jan/23/nusrat-ghanis-allegations-reignite-claims-that-tory-party-is-islamophobic



閲覧数:735回

最新記事

すべて表示