真光被害者の会などに相談すると、罵られることがあるのはなぜか


最近、真光被害者の会のサイトからご無沙汰していましたが、久しぶりに見てみると、


とある書き込みに対して根拠もなく『嘘を書くな』と罵っているのを見つけたのです。




実をいうと、私自身も崇教眞光脱会まもない頃にとある真光批判ブログにコメントしていたのですが、


ある時、私が身の上話を書くと、『嘘を書くな』と削除されてしまったのです。


どうやら、私の過去が波乱過ぎて『そんな無茶苦茶なこと起こるか。作り話はいい加減にしろ』と思われたようで、


その後もコメントを続けると、


私を誹謗中傷する記事を作成されました。


この人から見捨てられたら、どうやって生きればよいのだ。死にたいとすら思いましたが、



この時助けてくださったのが、後述しますが『混ぜるな危険!ブログ・サンポール』の管理人だったのです。


同じ崇教眞光の脱会者に見捨てられ、他教団の脱会者に助けられるなんて、おかしな話です。





本題に入ります。

結論をいうと、

真光の組み手は思いやりの欠如した器の小さい人間だから。



真光被害者の会には脱会者が集まっていますが、人間そう簡単には変わりません。


脱会出来ても、『現役組み手時代はなぜ他人から嫌われていたのか』と反省し、本気で欠点を直そうとしない限り、現役組み手時代の性格は変わらないのです。



だから、真光被害者の会にも、

他人を貶めたり正義感を振りかざして、他人より優位に立つことで快感を得る嫌な奴(現役組み手そっくり)がいるのです。



そのため、真光被害者の会に相談事を書くときは、『相手は自分を叩いてくるものだ』という気持ちで注意して書かないといけません。


本気で悩んでいるときは余りおすすめしません。



他所の教団ですが、


幸福の科学批判サイトである、『混ぜるな危険!ブログ・サンポール』にも以前書き込みをしていましたが、


こちらはおおらかな方ばかりで、


飛躍したことを書いてもすんなり受け入れられました。



真光被害者の会なんか、飛躍したことを書けば『デタラメ書くな』と正義のヒーローずらした奴や不謹慎狩りから叩かれますからねえ。



如何に真光がギスギスしているのかよくわかります。



私の感覚からいうと、

幸福の科学の信者は議論慣れされているような感じであり、自分と違う意見があるのが普通、という感覚でした。


ひるがえって崇教眞光では、全員同じ意見でなければダメで、自分と違う意見は受け入れにくい、というような感覚です。



〜本記事は「元組み手T」様のブログより拝借しております。ブログ元は下記リンクからどうぞ〜

https://ameblo.jp/motokumite/

927回の閲覧

最新記事

すべて表示

【僧侶2世】はじめに

ここに投稿しようと思ってから、早2ヶ月程度が経ちました。 書きたいことがたくさんあり、最後まで書ききることができるのかという思いがありました。 正直なところ、本当に最後まで書けるかどうか、僕にもよくわかりません。 ですが、今自分が抱えているものに折り合いをつけるためには、書けることは書いていこうと思います。 僕は、浄土真宗本願寺派のお寺に長男として生まれました。 そして、大学・大学院に行きながら僧

【第4回】真如苑を脱会した元2世です。

皆さん、こんにちは。早いもので、このシリーズも4回目です。お時間をさいて目を通していただき、心から感謝します。 最近、某所の巨大掲示板を見にいきました。教義に関する矛盾点(自灯明・法灯明の件など)にも触れられていて、有識者の方は流石だなと思いました。 意見を述べるうえで意識していること 私自身、苑について批判するときは「ただムカつくから」とむやみに批判しても効果はないと思っています。資金繰りの上手