top of page

燃やしたい記憶 プロローグ



こんにちは!まず初めに

この記事を開いて下さって、ありがとうございます(*ˊᵕˋ*)

別の記事では主に"信仰心が冷めたキッカケや原因"について書きましたが…


こちらの記事では、"私の家庭内であった出来事"について


当時の記憶を遡り、率直な思いを綴っていこうと思いますφ(._. )メモメモ


20年間生きてきて、

今まで誰にも

話したことがなかったこと

話せなかったこと

をこの場を借りて吐露させて頂きたいと思いますm(_ _)m


↓↓↓


ですが!!昔のことを思い出して、記事を書いているうちに…


これ誰が読むねん!ってくらい、

余りにも長々となってしまってΣ(゚ロ゚;)

内容も内容で最後の方以外、

メンタルが超絶病んでることばかり書いてて

読んでいる方も、しんどくなると思われます…


そのため記事を内容ごとに、分けさせて頂きました。


↓↓↓


プロローグ←今ここです…

①性的虐待

②トラウマ

③強迫観念

④分岐点

⚠️この記事では性被害や虐待などに関する事柄について、書いている箇所があります。

気分を害してしまう可能性が十分あるため、閲覧注意して下さい。⚠️


※特定の団体や個人を否定する気は全くありません。 早速ですが、まず初めに私の家庭環境について、簡単に話させて頂こうと思います。


普通って何なんだろう

私の両親はどちらも統一教会の信者で、合同結婚式を受け、兄と私が生まれました。


そして私が小さい頃、物心つく前から母と一緒に教会へよく通っていました。

しかし父は既に信仰はなく、母と子供たちが礼拝に参加することを禁止するほど、

教会を酷く嫌っていました。

それでも母は昔から信仰熱心だったので、毎週日曜日になると…

父の機嫌を取りながら、私たちは内緒で礼拝に参加していました。

余談ですが

母が役事(悪霊を追い払う行事)を受けに、渡韓したことが父にバレた時には


父は物凄く激怒し、母の携帯のアドレスを全削除して…

「次は無いぞ。離婚するからな。」と言っていたのをよく覚えています。

↓↓↓

そんな感じで、

私の家は毎週日曜日になると、何かとギスギスした雰囲気になっていました。


毎週礼拝に行く日以外は…

ごく普通の家族だったと思います。


見かけ上は…


ごく普通の家族……

普通って何なんだろう…


この頃の私は何も分かっていませんでした。


①へ続きます。


閲覧数:929回

最新記事

すべて表示

宗教二世という言葉を知ったのは数年前。 今、50代です。 大慈会という宗教団体を脱退したのは30年以上前になります。 私は宗教三世です。 青年部という場所に中学生の頃から入らされていました。 まともに反抗期もないような子で、どんなことも逆らうことをしませんでしたが、その頃から少しずつ会に携わる人たちの言動や行動に対して疑問は増えていったと思います。 高校生の時に勧誘活動をさせられるようになり、自分

私は旧 統一教会(現 家庭連合)の祝福二世です。 親は現役の信者ですが、私自身に信仰はありません。 いまは親と離れて暮らしていますが、親の老後に使われるべきお金を献金としてかき集める教会のやり方に納得ができず、少しでも献金を食い止めたいと考えています。 そのことについて霊感商法等対応ダイヤルに相談したところ日弁連の弁護士さんを紹介して頂き、そこで今後の献金を防止する方法を二つ教えてもらいましたので

bottom of page