top of page

燃やしたい記憶②トラウマ




誰も私の事なんて、どうだっていいんだ


まだ私の中で突っかかっているものが色々とあって…

この見出しのように、

"誰も私の事を思ってくれてる人はいない、私は所詮どうでもいい人間だ"

という言葉や思いが、嫌でも無意識に浮かぶようになった出来事があります…




それは私が保育園年長くらいの時でした。

➀の記事にも書かせてもらったように、



いつものように父に抱きかかえられて、ソファーに寝かせられていたのですが…

父が余りにも私を強く抱き締めたので、私が抵抗すると…

私の手がちょうど父の鼻に当たって、物凄く怒り狂ったことがありました。


※私としては嫌がって抵抗しただけだったのですが、予想以上に大惨事になり…



父はその件について相当腹が立ったらしく、


「鼻が痛い。手術代300万払えや。」と仕事に出てからも、




夜中に何度も何度も母に怒り狂った電話をかけ続けていて…




まだ日が昇る前のこと。



何かゴソゴソと聞こえ、目を少し開けると…

何故か母に着替えさせられていて、いつの間にか母と一緒に車に乗っていました。



そしてどこに行くんだろうと思っていると、着いた場所は…


父の職場の前でした。

物凄く怖い顔をした父が立っていました。


そして母が車のドアを開け、

父から何発も殴られたことが今でも鮮明に覚えています。




今思えば、未だ小さい娘にムキになって、職場まで連れて来させ何度も殴る父。


父の言うことに従い、私を連れて行った母。


ただその時に殴られた。それだけの事かも知れないんですけど…

今でも両親に対して、不信感を抱いています。

理由があったとしても、

父の元へ連れていかれた事が、私にとって

裏切られたような気持ちになって…

やっぱりショックというか、悲しいというか。事情があったとしても…



"私の事なんてどうでも良かったんだ"

という冷めた思いが出てきてしまいます。

このように叩かれたり殴られたりすることは、1度や2度ではありませんでしたが…


この時に感じた、何とも言えない悲しい気持ちは今になっても忘れられません。


③へ続きます。



閲覧数:785回

最新記事

すべて表示

宗教二世という言葉を知ったのは数年前。 今、50代です。 大慈会という宗教団体を脱退したのは30年以上前になります。 私は宗教三世です。 青年部という場所に中学生の頃から入らされていました。 まともに反抗期もないような子で、どんなことも逆らうことをしませんでしたが、その頃から少しずつ会に携わる人たちの言動や行動に対して疑問は増えていったと思います。 高校生の時に勧誘活動をさせられるようになり、自分

私は旧 統一教会(現 家庭連合)の祝福二世です。 親は現役の信者ですが、私自身に信仰はありません。 いまは親と離れて暮らしていますが、親の老後に使われるべきお金を献金としてかき集める教会のやり方に納得ができず、少しでも献金を食い止めたいと考えています。 そのことについて霊感商法等対応ダイヤルに相談したところ日弁連の弁護士さんを紹介して頂き、そこで今後の献金を防止する方法を二つ教えてもらいましたので

bottom of page