【第4回】真如苑を脱会した元2世です。

皆さん、こんにちは。早いもので、このシリーズも4回目です。お時間をさいて目を通していただき、心から感謝します。


最近、某所の巨大掲示板を見にいきました。教義に関する矛盾点(自灯明・法灯明の件など)にも触れられていて、有識者の方は流石だなと思いました。



意見を述べるうえで意識していること


私自身、苑について批判するときは「ただムカつくから」とむやみに批判しても効果はないと思っています。資金繰りの上手なお金持ちの団体ですし、まこと教団事件以降徹底してオール5でやってきていますからね。


世界宗教を目指して建物を建てまくり、寄付やイベントを熱心に行うのは他の宗教団体と同じなのですが、問題はそこではなく【仏教の教義に勝手に霊界の考え方を足し】【我が子を送ったという逸話を付け足している】点です。


霊界とは?大宇の創源とは?それらを証明する証拠は?と聞いても出せるわけがない。

「自分で未来を替えていく教え」と言いながら「根本は変えられない」と正反対の事を言う。

自分で未来を替えていく教えなのに、両童子様に因縁を負担させる超矛盾。


法律でもプログラムのコードでも社内の議事録でも、矛盾があってはいけません。

これ、苑の上の人たちは本当に肝に銘じてほしい。信者が混乱するのを狙ってるのかと疑いたくなるレベル。


ていうか、勝手に祀りあげられてみんなの因縁押し付けられてる両童子様に謝りなよ。

今ごろ「子どもの僕らに押し付けられてもなぁ…」って困ってるよ?


真実の教えを名乗るなら


「因縁は自分で処理するもの!人に押し付けず自分で社会貢献して家族や地域と和合もして頑張ろう!苑に来てる場合じゃないよ!みんな早くおうちに帰って家族や友達との時間をつくりましょう!」


ぐらい言えないの?



おとなしい団体なら問題ないのか


苑は社会問題になるような激しい布教活動はしていないし、精舎も静かな場所にあって、一見大人しい信者ばかり。社会貢献と称する活動や寄付も長く続けている。

だから多くの人は「まあボランティア団体ならいいんじゃない?」と見過ごしてしまいます。


しかし実際は


①熱心な信者は土日祝日に家族の時間をさいて苑に行く

②熱心な信者は家族に迷惑をかける

→幼い我が子を1人で留守番させるのは普通。「教導院様は生後1歳で親に甘えず我慢したんだから」という理屈らしい。

→精舎に行かないと家族が拒否すると「もう知らない!」と勝手にキレて食事を抜いたり暴言、虐待を行う。あからさまに不機嫌になったり、教えに理解を示すまで接触や会話を拒むこともある。

③1ヶ月に接心・歓喜・お施餓飢・お護摩にお金をかける(各1,000円ずつで4,000円程度)


これが実態です。


家族の時間を浪費すると、本当に大きな罪になりますよ。

自分は修行してるつもりで気持ちいいでしょうが、残された家族が感じる心の痛みや孤独感は計り知れません。

いずれ家族の誰からも嫌われ、信頼してもらえなくなります。


①だけでもダメなのに、②の虐待までしていたらもう救いようがありません。

宗教虐待は「スピリチュアル・アビューズ」という名称で知られ、海外でも問題になっています。


子どもが受験に合格/夫がお給料アップしたとき普通の人なら「すごい!努力の賜物!最高!」と本人をたたえますが、苑の場合「ご霊界に感謝」「ご霊界のお力のおかげ」などと歪んだ考え方になります。宗教あるあるですね。


③については、ちょっと苑に詳しい人なら4,000円では済まない!とツッコまれたと思います。

接心で自分の両親の先祖を延々と示されるので、あの人もこの人も全部供養しなければ!と焦らされるんですね。

なので、最低でも以下のような金額の目安になります。(※2018年時点での相場)


  • 接心:1,000円~3,000円(経親から「霊位相承したいなら月3回は通うように」などとアドバイスされることがある。最近は昔ほど厳しくない)

  • 歓喜:1,000円以上(帰苑するたびに歓喜をする人もいる)

  • 父方の先祖のお施餓飢・お護摩 :1,000円以上

  • 母方の先祖のお施餓飢・お護摩 :1,000円以上

  • 自分自身のお施餓飢・お護摩  :1,000円以上

  • 特別護摩やセレモニーの歓喜など:1,000円以上(5,000円以上になる場合もある)


「供養だからこれぐらいいいじゃないか!本当にお浄めしてるならちゃんとしたお寺だろ?」


という意見も出そうですが、自分の書いた紙が直接お焚き上げされているシーンを見たことがないんですよ。

ちゃんと務めを果たしていることを映像で見せてもらえれば納得できるのですが。


お施餓飢とお護摩について補足します。どちらも専用の用紙に丸をつけたり、名前を書いたりして提出し、自動的に供養がなされます。

どっちの用紙か忘れましたが、片方は丸をつける項目がずらっと並んでいて、わけもわからぬまま適当に丸が付けられます。丸の数1個につき500円を支払わなければなりません。


なんだかよくわからないのでとりあえず1個(500円)だけでもOKですが、先祖がなんだのかんだのと散々恐怖を与えられるので「あれもこれも供養してほしい!災厄を受けたくない!」という心理がはたらき、最低でも3つから4つはつけることになります。


私の実体験ですが、先祖供養は本当にお金が続かない。効力も感じられず、ただお金だけが出ていくので自分のお浄めだけやっていました。

接心で「事故因縁がある(※事故に遭う宿命を持つ人。でも科学的根拠なし)」と言われていたので、死にたくない!という一心でお施餓飢・お護摩に2,500円/月くらいかけていましたね。

そこに歓喜(1,000円)と接心(1,000円)を足すと4,500円/月で、飲食と交通費は別でかかっていました。


私は4,500円/月ぐらいでしたが、そこに先祖も含めると確実に5,000円/月以上の出費になります。5,000円を1年間続けると6万円。10年も続けると軽く60万円以上になります。


6万円あったら1年でどんなことができるでしょう。

美味しいものを何回食べられて、ちょっとした旅行にも行けますね。もちろん自分の趣味にお金を使うこともできます。

そんな大金を実体のない、見たこともない先祖の供養に充てるなんて!


誰にも強要せず自分の時間とお金の範囲内でやっている人には一切文句はありません。

しかし、誰かが配偶者の稼ぎやお小遣いを勝手に教えに捧げていたらどうでしょうか。


旦那さんや奥さん、その他のご家族の稼ぎや貯金を充てるのは、苑ではごく普通の行いです。

お年玉やお小遣いを削られて勝手にお布施された子もいます。親から「少しでも仏様や双親様に感謝しなさい」などと言われて、半強制的にお金を出さされた子もいます。


ほとんどは建物の維持費や苑内のスタッフへの給与になるのでしょうが、宗教的価値の高い高価なコレクション品や教祖様の豪華な5階建ての邸宅の維持にも使われています。



声をあげてください


  • 脱会したいけどいろいろ面倒くさいからたまに苑に通っている

  • 自分は関係ないからもう放っておこうと思う。家族が苑で何をしてるのかは知らない

  • 名前だけ残して精進はしていない。文句を言われないために在籍している


上記のような二世三世が大多数と思いますが、これらの放置行為は距離を置くどころか、さらに活動を助長させます。放置行為がもっとも悪です。


二世や三世の方、苑のおかしな点や改善点について、ぜひ実体験も踏まえて報告してください。家族への宗教虐待を防ぐためにも、当事者が声をあげるしかありません。


「苑の教義を受け入れてはいるが、もう少しマシな教団になってほしい…」という方も、内部ではなく外部に届くように声をあげてください。内部でいくら訴えても、あなたの声は必ずもみ消されます。


オウム真理教が良い例ですが【外部から目を光らせること】これこそが教えや教団の未来をより良くする手立てになります。


相手に対話する気がなければ無意味ですが、外部がしっかりと見張ってダメなところはどんどん指摘していくしかありません。

内部で自浄作用が働かない以上、外部から働きかけをしなければ何も変わらないのです。



2020年ありがとうございました


ところで、もう年末ですね。

年末といえば苑では28日に大護摩供があり、新年には元旦会があります。


年をまたいで無理やり苑に連れていかれる子どもたちも多いと思いますが、本当に可哀想です。

これが宗教虐待でなくて何だというのでしょうか。

子どもは親を選べないんだから、信仰の自由くらい与えてあげてもいいのではないでしょうか。


来月は新年ということで、私がもっとも問題視している宗教虐待について、実体験を踏まえてお話していきたいと思います。


それではまた。

430回の閲覧

最新記事

すべて表示

【僧侶2世】はじめに

ここに投稿しようと思ってから、早2ヶ月程度が経ちました。 書きたいことがたくさんあり、最後まで書ききることができるのかという思いがありました。 正直なところ、本当に最後まで書けるかどうか、僕にもよくわかりません。 ですが、今自分が抱えているものに折り合いをつけるためには、書けることは書いていこうと思います。 僕は、浄土真宗本願寺派のお寺に長男として生まれました。 そして、大学・大学院に行きながら僧

【第3回】真如苑を脱会した元2世です。

皆さん、こんにちは。 先月の記事を投稿してから、ちゃんと除籍されているか確認するために総本部に連絡しました。 まず、取り次ぎの女性に退会したことを告げると、柔和な口調が一変し「どちら様ですか?」と冷徹な態度に。 やはり真如苑の人間は、退会した者にひどく冷たくなるんですね。 今ごろ私も「闡提」とか言われて、経親と導き子一同、私への悪口の限りを尽くしているはずです。 取り次ぎとのやり取りから2回ほど引