【僧侶2世】はじめに

最終更新: 1月26日

ここに投稿しようと思ってから、早2ヶ月程度が経ちました。


書きたいことがたくさんあり、最後まで書ききることができるのかという思いがありました。

正直なところ、本当に最後まで書けるかどうか、僕にもよくわかりません。

ですが、今自分が抱えているものに折り合いをつけるためには、書けることは書いていこうと思います。


僕は、浄土真宗本願寺派のお寺に長男として生まれました。

そして、大学・大学院に行きながら僧侶資格を取得し、お寺を継ぐことを念頭に置いて生きてきました。

ですが、その中で「信仰」「キャリア」「家族」という3つの問題にぶつかり、今、僧侶を辞めようと考えています。


何を思い、そこに至ったのか。

これまで、お寺に生まれた子どもを「宗教2世」として考えるという視点はあまりなかったように思います。

一般的に、お寺・伝統教団と呼ばれる宗派は比較的教団の風通しも良く、僧侶といえば(坊主丸儲けという批判もありますが)社会的評価もそれなりに高く、その跡取りを「宗教2世」として捉えることがタブー視されている感もあります。

ですが、社会的に評価される人の家に生まれついてしまったが故のしんどさもあるのではないか。

そしてそれを言語化していくべきではないか。

そんなことを考えるようになりました。


他の2世の皆さんと重なるところと、そうでないところ。

これから、少しずつ言葉にしていきたいと思います。


きゅーどーしゃ

437回の閲覧

最新記事

すべて表示

【第4回】真如苑を脱会した元2世です。

皆さん、こんにちは。早いもので、このシリーズも4回目です。お時間をさいて目を通していただき、心から感謝します。 最近、某所の巨大掲示板を見にいきました。教義に関する矛盾点(自灯明・法灯明の件など)にも触れられていて、有識者の方は流石だなと思いました。 意見を述べるうえで意識していること 私自身、苑について批判するときは「ただムカつくから」とむやみに批判しても効果はないと思っています。資金繰りの上手

【第3回】真如苑を脱会した元2世です。

皆さん、こんにちは。 先月の記事を投稿してから、ちゃんと除籍されているか確認するために総本部に連絡しました。 まず、取り次ぎの女性に退会したことを告げると、柔和な口調が一変し「どちら様ですか?」と冷徹な態度に。 やはり真如苑の人間は、退会した者にひどく冷たくなるんですね。 今ごろ私も「闡提」とか言われて、経親と導き子一同、私への悪口の限りを尽くしているはずです。 取り次ぎとのやり取りから2回ほど引